<< 鳩山新代表決定 | main | 北朝鮮が核実験を >>

鳩山代表は代表就任の演説で、

 税金の無駄使いをなくすために「官庁の事業仕分けを今後加速させていく」ことを強調していた。
 「事業仕分け」って何?と思った方も多かっただろう。

 「事業仕分け」とは政策シンクタンク、構想日本の加藤秀樹氏によると、国や自治体の事業を、〕住珊猝椶瓦箸法↓△修發修睇要かどうか、必要ならばどこがやるか(官か民か、国か地方か)について、3杏瑤了訶世如↓じ開の場で、ッ甘職員と議論して「不要」「民間」「国」「都道府県」「市町村」などに仕分けていく作業である。

 例えば「年金」分野に関わる事業仕分けでは、厚労省の予算のうち、事業内容「企業年金等普及促進費」の項目では、「国民年金基金等給付費負担金」に9億6,236万円、厚生年金基金等未納掛金等交付金に517万円、国民年金基金連合会事務費補助金に11億5,028万円、企業年金連合会事務費補助金に4億6,123万円が予算として配分されている。

 「企業年金連合会は、ずさんな業務により124万人分の未払いが発覚し、1昨年に理事長が辞任した。高コスト体質のこの企業年金連合会に4億円余りを補助する意味があるのか」
と聞くと、
「年金事業を一元化すれば、これらの事業は廃止できる。異なる年金制度間の格差調整のための事業になってしまっている」

 官僚からはこの予算を確保するための答弁が帰ってくるが、我々は国民の立場で考え、事業廃止、民間実施、地方移管、改善、継続の五つのうちどのように対応するかを選択する。

 年金の問題だけでなく、農林水産、国土交通など全ての省庁の事業内容について、現在、民主党は「事業仕分け」を行っており、近く、公表する予定である。

ささき竜三のFacebook

カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
新着記事
カテゴリ
アーカイブ
リンク
プロフィール
検索
RSS & Atom
ケータイアクセス
qrcode