<< 地区を廻っていて、 | main | 母子加算復活法案が、 >>

臓器移植法案のA案が、

衆議院で可決された。地元でも、時々話題になる。私はこのA案には反対の立場をとった。D案に賛成であった。

 平成9年に最初に議論されたときも「脳死を人の死とする」ということに疑問を唱え反対にまわり、脳死を臓器移植時のみにかぎるなど限定的に捉えた修正案を「妥当な線」として賛成した。

 そして今回も、「脳死を人の死とする」と定義づけることに抵抗を感じ反対した。

 新聞でも意見を述べたが、そもそも移植が進まないのは制度だけの問題ではない。移植への理解を広めるほうが先。米国などの基準にあわせるのは宗教観からも個人的にどうかと思う。

◎現行法と臓器移植法改正案A〜D案までの内容

仝醜塰

 ・心臓死を人の死とする。本人が生前に意思表示していれば脳死。

 ・本人の書面同意と家族の同意がある15歳以上の人は臓器を提供できる。

■前

 ・脳死を人の死とする

 ・年齢に関係なく、家族の同意があれば臓器を提供できる。または、本人が生前に拒否することができる。

B案

 ・心臓死を人の死とする。本人が生前に意思表示していれば脳死。

 ・本人の書面同意と家族の同意がある12歳以上の人は臓器を提供できる。

ぃ丹

 ・心臓死を人の死とする。脳死の定義をさらに厳格化する。

 ・本人の書面同意と家族の同意がある15歳以上の人は臓器を提供できる。

ィ聴

 ・心臓死を人の死とする。15歳以上は本人の書面と家族の同意があれば臓器を提供できる。15歳未満は本人が拒否しなければ家族の同意のみで可能。


ささき竜三のFacebook

カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
新着記事
カテゴリ
アーカイブ
リンク
プロフィール
検索
RSS & Atom
ケータイアクセス
qrcode