<< 障害者の虐待について | main | ぶれる自民党の後期高齢者医療制度も >>

新型インフルエンザ

 が問題になっている。4月30日の農林水産委員会が開かれ、私はこの問題を取り上げ、石破大臣とやり取りをした。

 

一番の問題は実は豚肉である。生きた豚の輸入を日本はしている。今回の新型インフルエンザは豚のインフルエンザが人に移っているので、輸入する際に豚を一頭一頭検査することを本来ならば今回の問題が出た直後にするべきであったが、全くやっていなかった。まったく何をやっているんだということを石破大臣とやり取りした。そしてようやく4月30日に、輸入する豚の全頭検査をすることになった。

 

しかし韓国がやっているように、生体豚については輸入を一時停止することや、豚肉は本当に大丈夫なのか、食品安全委員会の基準が今までのままで良いのかなど検証すべきである。私も豚肉は安全だとは思うが、検証をまだやっていない。


 なぜやらないのかというとアメリカの商務長官から感謝の言葉が3日前に出ているからだ。「絶対豚肉は安全だ。生体豚も安全だ」と石破大臣の発言について、アメリカの商務長官は「感謝を申し上げる」と言っている。豚肉の輸入は生体豚も含めてアメリカからのものが一番多い。アメリカから感謝されるのは良いのだが、まず国民に安心されて感謝して欲しいので、本当に政府の対応は大丈夫なのかという不安が残る。

 

福井に帰ってきて二人の知人に言われた。「インフルエンザは、要は風邪だろ。どう大変なんや」と。普通のインフルエンザによる風邪だと百人のうち一人も死なない。頭が痛くなったり熱がでたりするとかその程度である。豚インフルエンザは全く新しいインフルエンザであり、人間にもl免疫がない。今回のインフルエンザは、毒性が弱いと言われているが、1920年代にはやったスペイン風邪も毒性が弱いと言われていた。しかし当時、日本人は60万人が死んだ。弱毒性だからといって決して安心ではない。


 さらに豚は鳥インフルエンザにもかかりやすい。いくつかの国では鳥インフルエンザにかかっている豚も増えていて、中には毒性の強いH5N1が混じっている。豚インフルエンザも突然変異でH5N1になる場合がある。もしこれがある日、強毒性のものに変異した場合は、100人のうち60人が死んでしまう。のどだけでなく心臓や腸や胃などの内臓を冒していくインフルエンザなので、致死率が60%になる。
 
 とにかく手洗いやうがいなどは絶対心がけていただきたい。もし強毒性のインフルエンザが始まったと聞いたら保健所に問い合わせて欲しい。外出を控えるようになどの注意を促してくれる。強毒性、強毒型、この言葉をキーワードにニュースにも注意してほしい。もしそうなったらとにかく外に出ないこと。またアメリカなど海外から帰ってきて調子の悪い人がまわりにいたら、ふらふらと病院に行くのではなく、保健所に行くように促して欲しい。保健所であればどうするべきか教えてくれる。
 
 このような国の健康に関わる危機管理では、厚生労働省だけが頭に浮かぶが、農林水産省、外務省、法務省など国を挙げた取り組みが必要である。官邸が直接やっていかなければならない。


ささき竜三のFacebook

カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
新着記事
カテゴリ
アーカイブ
リンク
プロフィール
検索
RSS & Atom
ケータイアクセス
qrcode