<< 中小企業経営者より | main | 華祭り >>

北朝鮮のミサイルについて

政府の誤報が話題になっている。自衛・防衛に専念するということであれば、なおさら情報の収集・分析力を高めないと。

 ミサイルの着弾のみの場合の被害状況の想定も大事だが、もしミサイルに核が搭載されたら?

 かなり真剣に考えているのが、イスラエル、スイス、アメリカだが、その3国に共通しているのは核シェルター。

 どんなに迎撃力を高めたとしても、100%にはほど遠いわけだから、放射能汚染への対処法として核シェルターを考えている。

 各家やビル、向上などに地下室をつくりシェルターにしたところには国や自治体が補助金を出すことをしている。本当に日本が自衛ということを真剣に考えるなら、このことをしっかりとやるべきである。
 
 さらに生物化学兵器に関する対策は 全くお粗末である。生物化学兵器による攻撃はマスタードやVXなど。北朝鮮は日本国土に対して今日やろうと思ったら本当にやれる。私は3年前から、麻生さんが外務大臣のときからこのことを外務委員会でずっと取り上げてきた。

 政府は相変わらずその管理を全くやっていない。

ささき竜三のFacebook

カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
新着記事
カテゴリ
アーカイブ
リンク
プロフィール
検索
RSS & Atom
ケータイアクセス
qrcode