<< ポスター掲示依頼の活動。 | main | 中小企業経営者より >>

3月28日から

 

高速道路の普通車・軽自動車料金が、土曜日、日曜日に限って安くなる。普段、行くことの少ない遠方へも気軽な高速料金で行くことができるようになるので、期待している人も少なくないであろう。

福井インターから一宮までは1,000円、京都南までは1,300円、吹田までは1,850円である。お気づきの方もいらっしゃるかもしれないが、料金システムは少し分かりにくくなっている。

 

 料金設定の仕組みは三つある。一つは地方部。一律で片道の上限は1,000円。そして東京と大阪の首都高速と阪神高速に限っては500円が別料金で、東京外環自動車道や阪神高速など大都市近郊路線では3割引になる。したがって福井から大阪方面に行く場合、大津までは1,000円だが、それ以上は別料金になるということだ。さらにこの料金はETCを搭載した車が対象である。

 

 民主党はそもそも高速道路料金に関し、マニフェストで「無料化」を公約としてきた。しかしながら自民党と政府は、土日に限定し、しかも「無料化」ではなく、割引としている点は腑に落ちない。

 

 自民党と政府が民主党の政策のまねをしてもらっても一向に構わないが、困るのは「つまみぐい」だ。土日に限定、しかも「無料化」ではなく割引では全く似て非なるもの。

 物流コストを大幅に下げ、内需を伸ばす、地方と都市のコストを縮め、地方活性化をはかるという本来の目的が果たせないではないか。


ささき竜三のFacebook

カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
新着記事
カテゴリ
アーカイブ
リンク
プロフィール
検索
RSS & Atom
ケータイアクセス
qrcode